カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。(アフィリエイト広告を利用しています)

【こち亀】181巻の全話あらすじ紹介 部長への誕生日プレゼントは、空飛ぶ世界一周クルーズ

こちら葛飾区亀有公園前派出所」181巻の収録全話のあらすじを紹介していく。

(2012年8月発売)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 181【電子書籍】[ 秋本治 ]

 

●両津プロデューサーの巻

 

ストーリー

両さんが弱小の映画会社から相談を受ける。大ヒットの純愛小説の映画化権と、若者に人気な男女俳優のキャスティングに成功したものの、主演2人の撮影スケジュールが30分しかとれないのだ。2時間の尺を生めるため、両さんは途中から主人公たちが仮面のヒーローに変身することを提案。さらに様々な企業とタイアップをはかる。スポンサーからは、いっぱい恐竜を出してほしいとの要望があり、主人公たちはヒーローではなく、恐竜に変身することに。

 

主な登場人物

両津勘吉中川圭一、秋本カトリーヌ麗子

 

過去に少ししかないマンガを引き延ばすネタやゲーム内にCMを入れまくるネタがあったが、今回は映画。タイトルは「アジすか学園 スピンオフ もしもジャーマネがドラやきを食べて恐竜になったら」という、原作が純愛小説とは思えない出来だった。両さんに相談をしてきた針兎度(はりうっど)映画社のビルには、127巻の「ANGEL SEVEN GO!」の回の「ワイルド7」の看板が出されている。

 

舞台「マジすか学園」〜京都・血風修学旅行〜【Blu-ray】 [ 松井玲奈 ]

 

●現金コレクターの巻

 

ストーリー

180巻の「趣味のお宝探しの巻(コイン編)」のレアコインの件から、インチョキ堂の主人は両さんに古い紙幣はないか訊ねる。夏春都の所蔵していた古紙幣を檸檬が整理していたことを知ると、両さんはコピーで誤魔化していくつかを売ってしまう。しかし、その売った紙幣の中にあった軍用手票は、戦地で亡くなった檸檬の祖父の形見だった。

 

主な登場人物

両津勘吉中川圭一、秋本カトリーヌ麗子、擬宝珠纏、擬宝珠檸檬、擬宝珠夏春都、インチョキ堂主人、三平

 

聖徳太子の百円紙幣を見せると、「ふつう100という単位は100万円か100億円じゃないですか」と100万円札だと勘違いをしたり、2000円札を「ニセ札です」と言い切るなど、中川のぶっ飛んだ金銭感覚が垣間見える回。この回ではインチョキ堂の看板の「ョ」が落ちていて「インチキ堂」になっている。

 

軍用手票 - Wikipedia

 

紙幣の日本史【電子書籍】[ 加来 耕三 ]

 

●ARレイコの巻

 

ストーリー

スマホ等で見る拡張現実ARの話題で盛り上がる両さん、中川、本田。日頃、麗子の盗撮写真を秘密の会員制サイトで売りさばいている両さんは、麗子をAR化しマニアに高く売ることを思いつく。中川電子工学研究所の協力を受け、専用グローブを使い触ることができる「ARレイコ」を200億円以上の費用をかけて開発するが……

 

主な登場人物

両津勘吉中川圭一、秋本カトリーヌ麗子、本田速人、早乙女リカ

 

スマホを掲げると先祖の立体像が飛び出す「ARお墓」や、お化け屋敷ならぬ「エロ屋敷」など、いろいろなアイデアが作中に出てくるが、アニメと街をコラボさせるアイデアは、その後、現実でも実装された。

 

拡張現実 - Wikipedia

 

拡張現実 仮想現実が失敗した場所で拡張現実が成功することは可能ですか?【電子書籍】[ Fouad Sabry ]

 

●野性に帰れの巻

 

ストーリー

ハイパー小学生の電極プラスが夏休みに父親とキャンプに行くと聞き驚くが、3D映像を用いたバーチャルキャンプだった。両さんはプラスを預かり、現実のキャンプに連れていくことに。ボルボと本田も巻き込んで出発。キャンプの達人のボルボ両さんと異なり、都会っ子の本田とプラスはキャンプに大苦戦する。

 

主な登場人物

両津勘吉中川圭一、秋本カトリーヌ麗子、本田速人、電極+、電極スパーク、ボルボ西郷

 

松ぼっくりや牛乳パックが火種として使いやすい、ナベで湯を沸かす熱の温度差でケータイが充電できる発電鍋の存在、浄水器の使い方など、実際のキャンプでも使えそうな知識がいくつもある回。

 

ブッシュクラフト-大人の野遊びマニュアル サバイバル技術で楽しむ新しいキャンプスタイル【電子書籍】[ 川口拓 ]

 

勝鬨橋、再び開く!!の巻

 

ストーリー

米国から戻ってきた旧友の白鳥純と勝鬨橋の思い出で盛り上がる豚平・珍吉・勘吉。もう一度、開いた状態が見たいが、今では無理だと思っている純のため、両さんは再び勝鬨橋を開こうと試みる。橋脚内見学ツアーで可動構造を下見し、人通りのない早朝に決行するが……

 

主な登場人物

両津勘吉、戸田豚平、千田珍吉、白鳥純

 

71巻「勝鬨橋ひらけ!の巻」の続編。少年時代と違って、スパイ並みに綿密な計画と準備を行う両さんだったが、結局、最後は体力勝負になってしまう。可動橋の跳ね橋部分はシーソーみたいな構造のため、小さなモーターで開閉可能、モーターが止まっても手動で開閉できるといった勝鬨橋の構造も知ることができる。110巻も前の話の続編をやるなんて構成は「こち亀」でしかできない。

 

勝鬨橋 - Wikipedia

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE〜勝どき橋を封鎖せよ!〜 Blu-ray通常版【Blu-ray】 [ 香取慎吾 ]

 

●夢の世界一周クルーズの巻

 

ストーリー

部長の誕生日プレゼントに世界一周クルーズを用意しようとするが、部長の休みが一週間しかないため、日程的にムリ。しかし、中川が新造船ならば可能と断言。中川の用意した新造船は強化プラスチックと強化ゴムで構成され、ヘリウムガスで陸上も飛べる飛行船だった。

 

主な登場人物

両津勘吉大原大次郎(部長)、中川圭一、秋本カトリーヌ麗子、本田速人、大原良子

 

通常の豪華客船ではなく、豪華客船の装備を備えた飛行船なので、陸でも海でも直線上に進むことが可能な夢のようなクルーズ。部長の休みが一週間なのはともかく、同行した両さん、中川、本田の休みは一体どうなっているのか気になる。

 

初めてのクルーズGuide 日本から行く絶景&世界遺産【電子書籍】[ 東京ウォーカー編集部 ]

 

●流し麺類大繁盛の巻

 

ストーリー

両さんが流し素麺のセットを自作すると、話の流れから署の納涼大会用の流し素麺の準備もすることに。苦心して作った流し素麺セットは地元民からも好評でテレビ局から取材の申し込みが来る。製作者の両さんが取材のモデルに立候補するが、署長の横やりで中川と麗子がモデルになってしまう。妬んだ両さんは、二人の取材にイタズラを仕掛ける。

 

主な登場人物

両津勘吉大原大次郎(部長)、中川圭一、秋本カトリーヌ麗子、屯田五目須(署長)、麻里愛

 

せっかく流し素麺の用意をしたのに、報われなかった両さんの八つ当たりの被害を中川と麗子が受ける回。流し素麺が流しうどん、流しラーメン、流しカレーとどんどん変わっていく。予算を1円も出さないのに、100人分用の流し素麺セットを両さんに作らせる部長もヒドい。

 

隠密 味見方同心(四) 恐怖の流しそうめん【電子書籍】[ 風野真知雄 ]

 

●夏の思い出の巻

 

ストーリー

子供時代の夏の思い出を語り合う両さん、中川、麗子。麗子のは、ニースの別荘で妹とクルーザーで遭難しそうになった思い出。中川のは、スイスに自家用ヘリで妹とスキーに行った際に迷いクマをライフルで撃退した思い出。しかし、両さんに弟との思い出は何もなし。そこへ弟・金次郎が現れ、子供時代に両さんと兄弟二人で浅草から秩父まで自転車でSLを見に行った話を語る。

 

主な登場人物

両津勘吉中川圭一、中川登志恵、秋本カトリーヌ麗子、秋本優、両津金次郎

 

「弟ってのはプロレス技の相手に使ったり 買い物のパシリをさせたり 子分みたいなもんだろ!」「海で沈めたり 砂に埋めたり 海パンを脱がしたり」と弟・金次郎に対しろくな扱いをしていない両さんだが、最後は「ちょっと良いお兄さん」で終わるのが金次郎登場回のパターン。

 

マーサとリーサ とびきりの夏の思い出、つくります!【電子書籍】[ たかおかゆみこ ]

 

●正義のKCくんの巻

 

ストーリー

亀有まつりで警視庁のヒーロー"KCくん(けーしくん)"の着ぐるみに入ることになった両さん。面倒になった両さんは、残念を身代わりにして逃げてしまう。だが、KCくんに子供から宿題を教えるお願いをされ、東大出の残念は意外にも活躍。その後、バスケの場面では中川が、絵を描く場面では麗子が代わりKCくんに入って、それぞれ活躍。そうとは知らずに戻ってきてKCくんに入る両さん。算数、バスケ、絵画を再度、お願いされてしまうのだが……

 

主な登場人物

両津勘吉大原大次郎(部長)、中川圭一、秋本カトリーヌ麗子、凄苦残念(法条正義)

 

両さんが子供相手にブチギレることを想定し、着ぐるみの中にあらかじめ起爆装置を仕掛けておく中川が鬼畜すぎる。新聞沙汰になるのを防ぐためとはいえ、今回、両さんはそんなに悪いことをしているわけではないのに。

 

警察マスコット図鑑|警察庁Webサイト (npa.go.jp)

 

幸せな着ぐるみ工場 あたたかいキャラクターを生み続ける女子力の現場【電子書籍】[ かのうひろみ ]

 

勝鬨橋、再び開く!!の巻」の回は、20年以上前に掲載の「勝鬨橋ひらけ!の巻」の続編。

前回は感動路線の話だったが、今回はドタバタ感の方が強い。

 

「夢の世界一周クルーズの巻」は部長の誕生日に空飛ぶ飛行船で世界一周をプレゼントする話。

中川からのプレゼントだが、部長夫妻の貸し切りになっている。

マスコミも乗船してPRも兼ねているとのことだが、一体どれほどの金額がかかっているのか見当もつかない。

 

www.kawazumanga.com

 

www.kawazumanga.com