カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【キャプテン翼】ガチなドリームチームを考えてみる①

キャプテン翼の25th ANNIVERSARYの企画で、ヤングジャンプ誌上の読者アンケートで、日本代表vs世界選抜のメンバーが選出され、そのメンバーで試合をする短編が発表された。

px.a8.net

 

以下が選出されたメンバーである。

 

世界選抜

GK

デューター・ミューラー(ドイツ)

 

DF

サルバトーレ・ジェンティーレ(イタリア)

肖俊光(中国)

エル・シド・ピエール(フランス)

ヘルマン・カルツ(ドイツ)

 

MF

ステファン・レヴィン(スウェーデン

ファン・ディアス(アルゼンチン)

リバウール(ブラジル)

 

FW

ナトゥレーザ(ブラジル)

カルロス・サンターナ(ブラジル)

カール・ハインツ・シュナイダー(ドイツ)

 

日本代表

GK

若林源三

 

DF

三杉淳

次藤洋

早田誠

井沢守

 

MF

松山光

葵新伍

大空翼

岬太郎

 

FW

日向小次郎

新田瞬

 

読者アンケートでの選出なので、異論を挟むのもどうかと思うが、世界選抜はともかく、日本代表がいつものメンバーなので、今一つドリームチーム感に欠ける気がする。

 

この手の企画は、普段敵同士の選手がチームになることが面白い点だが、味方同士の選手が対決することも醍醐味である。

 

有り体に言えば、久々に翼vs若林、翼vs日向が、翼vs岬が見たいのだ。

 

そこで、個人的なドリームチームを考えてみた。

チームの分け方は、バランスを考えて「中南米選抜」「欧州選抜」とした。

 

中南米、欧州は、その国の出身者は当然として、その国の在住経験があれば良しというガバガバな基準とした。

その国のクラブチーム所属経験にすると、岬を欧州選抜に入れられないから。

 

それでは次の記事で、中南米選抜から考えていこうと思う。

【キャプテン翼】ガチなドリームチームを考えてみる② 中南米選抜 - カワズまんが研究所