カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証37 小学生編 大会優秀選手

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証36 小学生編総括 - カワズまんが研究所

小学生編は主人公・翼の率いる静岡代表の南葛SCの優勝で幕を閉じた。

前回、小学生編の活躍ポイントを集計し、南葛SCの選手を順位付けしたところ、我らが石崎くんは、チーム中で4位と結構上位の活躍であることがわかった。

さて、作中では、第6回全日本少年サッカー大会の表彰が行われ、大会優秀選手が選出されたので、その結果を記載しておく。

 

px.a8.net

 

 

最優秀選手

大空 翼(南葛)

 

得点王

大空 翼(南葛)31点

 

アシスト王

岬 太郎(南葛)15点

 

優秀選手20名

 

GK

 

若林 源三(南葛)

若島津 健(明和)

中西 太一(難波)

 

DF

 

高杉 真吾(南葛)

長野 元春(明和)

大里 次郎(常陸

 

MF

 

三杉 淳(武蔵)

本間 洋(武蔵)

松山 光(ふらの)

小田 和正(ふらの)

沢田 タケシ(明和)

岬 太郎(南葛)

井沢 守(南葛)

 

FW

 

大空 翼(南葛)

来生 哲兵(南葛)

滝 一(南葛)

日向 小次郎(明和)

立花 和夫(花輪)

立花 政夫(花輪)

一ノ瀬 明(武蔵)

 

上記の優秀選手の所属チーム

南葛(優勝) 7名

明和(準優勝) 4名

武蔵(ベスト4) 3名

ふらの(ベスト4) 2名

花輪(予選リーグ敗退) 2名

常陸(ベスト8) 1名

難波(ベスト16) 1名

 

 

我らが石崎くんが入っていないじゃないか!?

といっても、出場試合数も少ないし、オウンゴールのミスもしていることを勘案すると順当なところか。

南葛SCからは7人も選出されているし。

 

しかし、本ブログの集計では10位の活躍ポイントだった高杉くんより、4位の石崎くんが下か……

まぁ、作中で描かれていないシーンもあるから。

 

高杉くん、Jr.ユース監督の見上さんにはハマらなかったのになぁ。

 

それにしても、DFの大里って誰だ?

 全然、記憶にないぞ。

 

さて、全日本少年サッカー大会の選手のその後を少しまとめておく。

 

大会優勝後にロベルト本郷とブラジルに渡る約束をしていたが、大会後、ロベルトは翼に黙って、一人ブラジルに帰ってしまう。

翼は落ち込むも、ロベルトの残したノートから、後にFWからMFに転向、ドライブシュートを練習するようになる。

 

若林

専属コーチの見上が、西ドイツに研修する機会を得たことをきっかけに、一緒に西ドイツに渡り、西ドイツでプロを目指す。

 

大会優勝後、放浪画家の父・一郎とひとまずは九州へ。一郎は個展を開いた後、フランスに絵の修行に行くチャンスを得る。岬は、横浜の母の元で、日本に残る選択肢があったが、「山岡太郎じゃない。ボクは岬太郎だもん」の名ゼリフを残し、父とフランスへ渡る。

 

px.a8.net

日向

スカウト松本香に見いだされ、東邦学園に特待生として進学が決まり、翼への雪辱を誓う。

 

石崎・森崎・井沢・来生・滝・高杉ら

修哲小の出身者も、修哲中には進学せず、南葛中に進学。

翼とともに、再び全国制覇を目指す。

 

小学生編は以上で終了。

次回からは中学生編。

 【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証38 中学生編県大会準決勝まで - カワズまんが研究所