カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証35 南葛SCvs明和FC7

 【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証34 南葛SCvs明和FC6 - カワズまんが研究所

第6回全日本少年サッカー大会決勝は、二度の延長を行った60分の激闘の末、南葛SCが4-2で勝利。

優勝を勝ち取るのだった。

px.a8.net

 

ポイント集計。

 

南葛SC

 

大空 翼  44
岬 太郎  29
若林 源三  25
石崎 了   6
高杉 真吾   4
井沢 守   3
浦辺 反次   3
岸田 猛   3
滝 一   2
来生 哲兵   2
中山 政男   1

 

 

明和FC

 

日向 小次郎  48
沢田 タケシ  18
若島津 健  17
石井   5
長野   5
沢木   2
  1

 

負傷者続出で試合も長時間延長したのに、両チームともに交代はなし。

南葛は11人全員にポイントが入っていて、全員に何らかの活躍シーンがあった結果となった。

2チームでの、ポイント数が最も高いのは日向くんの48。

次いで翼くんの44。

 

以下、岬くんの29、若林くんの25、少しポイントに差があって、タケシの18、若島津くんの17と続いた。

岬くん、若林くんに比べると、タケシ、若島津くんのポイントがそこまで伸びなかったのが、結果的に明和の敗北につながったところか。

 

そして、我らが石崎くんは、両チームの主力に次ぐポイント数になった。

決勝点のアシストも決めたし、修哲トリオ(高杉くん含めてカルテット)を上回る結果となった。

石崎くんはやはり、代表に選ばれてしかるべき実力なのでは?

 

さて、小学生編の全試合が終了したので、次回は南葛SCの選手のポイントを集計。

チーム内で、石崎くんのポイントの順位がどのようになるか総括する。

 

 

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証36 小学生編総括 - カワズまんが研究所