カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【キャプテン翼】ワールドユース編はなぜ打ち切られたのか? 五つの理由を考察(5)

 

 

www.kawazumanga.com

 

キャプテン翼」の「ワールドユース編」が連載打ち切りになった理由を考察していく最終回。

キャプテン翼ワールドユース編(全12巻セット) (集英社文庫) [ 高橋陽一(漫画家) ]

価格:8,580円
(2020/12/16 17:51時点)
感想(2件)

理由(5):前作のライバルたちのぞんざいな扱い

 

サッカーで世代の世界一を目指す戦いなのは、Jr.ユースもワールドユースも同じである。

 

参加国が少ないとはいえ、Jr.ユース編でいったんは世界一になったのだから、ワールドユースで再び世界一を目指すことは、新鮮味がない。

その点は「ワールドユース編」の連載が厳しかった理由のひとつだとは思う。

しかし、無印版「キャプテン翼」において、「中学生編」は「小学生編」と同じ日本一を目指す物語であり、同世代のライバルたちの面子も大きくは変わらないのに、「中学生編」は面白い。

 

「中学生編」が「ワールドユース編」と大きく違うのは、前作のライバルたちの扱いにあると考える。

 

そこで、まずは「小学生編」の全国大会で登場したライバルたちの「中学生編」での扱いを見ていこう。

 

 

日向小次郎若島津健、沢田タケシ(明和)

→「小学生編」と同じく、「中学生編」でも決勝の相手。

 

立花政夫、立花和夫(花輪)

→「中学生編」では、新技スカイラブ・ハリケーンでパワーアップ。

 

中西太一(難波)

→「中学生編」では早田誠の東一中に敗れる。

 

松山光(ふらの)

→「小学生編」では主人公チームとの対戦はなかったが、「中学生編」では対戦。

 

三杉淳(武蔵)

→「中学生編」では日向を越える実力を見せつけるも都大会で敗退。

 

と、以上のように、「中学生編」で格を落として、新キャラのかませ犬的扱いだったのは、中西だけだった。

 

【SALE】adidas Performance アディダス パフォーマンス "TSUBASA GERMAN TEE"翼 ジャーマン Tシャツ FQ7638 ドイツ代表 キャプテン翼 ツバサ カール ハインツ シュナイダー コラボ 半袖 トップス サッカー フットサル メンズ レディース ホワイト 国内正規 20%OFF

価格:2,631円
(2020/12/29 15:41時点)
感想(0件)

次に、「Jr.ユース編」で登場したライバルたちの「ワールドユース編」での扱いを見ていく。

 

ラモン・ビクトリーノ(ウルグアイ

→「Jr.ユース編」で主人公チームとの対戦はなかったが、「ワールドユース編」では対戦。

 

ジノ・ヘルナンデス(イタリア)

葵新伍と同じチームとして登場も、かつての公式戦一年間ノーゴールの威厳はなく、普通にゴールを割っていた。

ワールドユース本戦では、ウルグアイユース戦で火野竜馬のかませ犬に。

 

ファン・ディアス、アラン・パスカル(アルゼンチン)

→試合描写は一切なく、ひそかに敗退。

 

エル・シド・ピエール、ルイ・ナポレオン(フランス)

→試合描写は一切なく、ひそかに敗退。

 

カール・ハインツ・シュナイダー、デューター・ミューラー、ヘルマン・カルツ、マンフレート・マーガス、フランツ・シェスター(ドイツ)

スウェーデンユースのかませ犬に、次いでブラジルユースのかませ犬に。

 

以上のように、描写がないか、かませ犬的扱いばかりである。

 

唯一、格を落とさなかったのはビクトリーノだけだが、ウルグアイユースでは火野竜馬の方が目立っていた。

 

カルロス・サンターナら、「ワールドユース編」での新キャラを出したかったという意図は分かるが、残念ながらその目論見は外れたと言わざるを得ない。

結果論でいうと、新キャラはアジアユースで何人も出したのだから、ワールドユース本戦は旧キャラ主体にするのも手だったのかもしれない。

 

この前作のライバルキャラのぞんざいな扱いが「ワールドユース編」の評価を落としている要因のひとつと思われる。

 

この前作のライバルキャラの扱いを踏まえたためか、マドリッドオリンピックを描いた「ライジングサン」では、「ワールドユース編」で出てきたメキシコ、オランダ、ブラジル、「Jr.ユース編」で登場のアルゼンチン、ドイツと旧作のキャラを活躍させつつ、新興国としてスペインを登場させている。

px.a8.net

 

px.a8.net

px.a8.net

px.a8.net

 

2020年では「ライジングサン」は完結していないが、「ワールドユース編」の連載打ち切りを糧に、より良い作品にしてほしいと願うばかりである。