カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証73 全日本Jr.vsハンブルグJr.3

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証72 全日本Jr.vsハンブルグJr.2 - カワズまんが研究所

 第一回フランス国際Jr.ユース大会を見据えたヨーロッパ遠征第一戦。

西ドイツNo.1チームのハンブルグJr.との試合は、1-5と全日本Jr.の完敗で終わった。

 

px.a8.net

 

ポイント集計。

 

全日本Jr.ユース

 

日向 小次郎   14
松山 光   9
沢田 タケシ   8
若島津 健   5
新田 瞬   5
早田 誠   3
立花 政夫   3
立花 和夫   3
井沢 守   2
石崎 了   1
高杉 真吾   1
次藤 洋   0
反町 一樹   0
佐野 満   0
森崎 有三   0

 

 

ハンブルグJr.

 

カール・ハインツ・シュナイダー  26
ヘルマン・カルツ  14
若林 源三   7
ゴンゲルス   2
クラウス   1
マイヤー   1
ブリーゲル   1
ヤラ   0
インメル   0
ハーネス   0
リンツ   0

 

西ドイツの若き皇帝・シュナイダーが圧巻のトップ。

序盤は、全日本の必殺シュートを次々止めまくる若林くんが印象的だったけど、試合を通してみると、実はカルツの方が高ポイントの結果。

印象と実態は違うものなのかも知れない。

 

この試合での立花兄弟は、兄・政夫がMF、弟・和夫がFWという位置づけなんだけど、この区分に意味はあるのだろうか?

 

スカイラブの土台がMFで、飛ぶ方がFWの仕事なのだろうか?

 

いずれにしても、土台と発射をかわりばんこでやってるから、あまりポジションの意味がないような気がする。

 

そして、我らが石崎くんは、今回はほとんど出番なし。

マンガの流れ的には、世界レベルのチームの力を示すのがこの試合の目的なのだから、仕方のないところながら、もう少し活躍して欲しかった。

 

一方、試合後半が一部ダイジェストだったこともあり、途中出場の井沢くん、反町くん、佐野くん、森崎くんのポイントが低いのは、ある程度、許容範囲かと思うが、フル出場なのに、次藤くんがポイントゼロなのは、どういうことだ?

 

少ない出番なのに、

「おれたちディフェンダーにとっちゃ まったく楽な試合タイ」と余裕のセリフと

「こいつら いっタイ!!」と驚くリアクションくらいしかしていないぞ。

もっと仕事しろ、次藤くん。

 

あと気になったのは、前半終了後、DFの高杉くんの代わりに、本職がMFの井沢くんが入ったこと。

この交代策が、結局Jr.ユース大会全般を通じて、高杉くんの出場機会がなかったことにつながったと思うと、感慨深いものがある。

 

次回は、国際Jr.ユースが始まるまでのヨーロッパ遠征の結果まとめ。

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証74 ヨーロッパ遠征まとめ - カワズまんが研究所