カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【キャプテン翼】最弱のキーパーは森崎くんではない⁉ フランスのアモロが最弱だ‼

 

 

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証90 全日本Jr.vsフランスJr.8 - カワズまんが研究所

石崎くんが代表にふさわしい活躍をしているのかを検証するため、誰がどれだけプレーしているのかを集計しているのだが、そこで副産物的に分かったことがある。

 

それはフランスJr.ユースのキーパー、アモロが全然活躍していないことだ。

 

一般的にキャプテン翼のファンであれば、ダメキーパーといえば、森崎くんを思い浮かべる人が多い。

 

確かに、若林くん、若島津くんに比べると、森崎くんは実力に劣ると言わざるを得ない。

若林くんが守っていた後半残り15分までは、2-0で勝っていたのに、森崎くんに代わったとたんに、逆転されたことも記憶に新しい。

px.a8.net

 

とはいえ、小学生時代は負傷した若林の代わりとして全国優勝に貢献、中学生時代は正GKとして全国優勝、高校時代は東邦学園に後塵を拝したものの、全国大会で準優勝と、充分すぎる記録を残したエリートであり、毎回年代別の代表に選ばれている。

 

さて一方、フランスJr.ユースのキーパー、アモロの話である。

 

Jr.ユースに選ばれているのだから、それなりの実績なんだと思うのだけど、残念ながらその実績は作中では全く明かされていない。

 

そして、実際のプレー描写となる。

 

フランスJr.ユースの試合描写があるのは、イングランドJr.ユース戦と全日本Jr.ユース戦の2戦だ。

 

まず、イングランドJr.ユース戦を見ていこう。

 

px.a8.net

 

シュート①

イングランドJr.ユースは、右サイドから左サイドに揺さぶるサイドチェンジのパスからFWディーンのヘッドでシュートし、先取点を決めている。

→アモロ、ボールに触れず。

 しかも、実況に「フランス キーパー アモロくん ちょっと とびだすのがおそかった‼」と言及されており、アモロのミスと作中で認められている。

 

シュート②

1点目と同様のサイドチェンジのパターンからFWライトがヘディングシュート。

→ピエールが防ぐ。アモロは関われず。

 

イングランド戦はこのシュート2本だが、アモロは全くボールに触れていない。

 

それでは次に、全日本Jr.ユース戦を見てみよう。

px.a8.net

 

シュート①

翼のノートラップランニングボレーシュート

→アモロ、全く動けず。ゴール

 

シュート②

翼のスライダーシュート。

→アモロ、飛びつくが取れず。ゴールポストに当たってノーゴール。

 

シュート③

日向のタイガーショット

→アモロ、触れず。その前のパスがオフサイドでノーゴール。

 

シュート④

岬のダイビングヘッドシュート。

→ピエールがブロック。アモロは関われず。

 

シュート⑤

翼のオーバーヘッドシュート。

→アモロ、触れず。翼のシュートが密集地での危険なプレーと見なされノーゴール。

 

シュート⑥

翼のドリブルからのシュート。

→アモロ、触れず。前半終了のためノーゴール。

 

シュート⑦

日向のタイガーショット

→アモロ、触れず。ゴール。

 

シュート⑧

翼のドライブシュート

→アモロ、触れず。ゴール。

 

シュート⑨
翼のドライブシュート
→ナポレオンがブロック。アモロは関われず。

 

シュート⑩
松山のイーグルショット。
→ピエールがブロック。アモロは関われず。

 

シュート⑪
立花兄弟のスカイラブ・ツインシュート
→ピエールがブロック。アモロは関われず。

 

シュート⑫
岬のスライディングシュート。
→ナポレオンがブロック。アモロは関われず。

 

シュート⑬

岬のジャンピングボレーシュート
→アモロ、触れず。ゴール。

 

シュート⑭
翼・岬のツインジャンピングボレーシュート
→アモロ、飛びつくが触れず。ゴールバーに当たりノーゴール。

 

シュート⑮
日向のキャノンシュートを撃ち返すタイガーショット
→アモロ、触れず。延長戦前半終了のためノーゴール。

 

シュート⑯
日向のタイガーショット
→ピエールがブロック。アモロは関われず。

 

と、計16本のシュートが撃たれたが、アモロがボールに触ったシーンはなし。

 

その後のPK戦

 

若島津くんは5本中1本止めており、決められた4本のうち1本は掴んだものの負傷のため止めきれなかったので、実質2本に触れている。

 

対するアモロは地元フランスの観客から、大アモロコールを受けていたにも関わらず、5本ともボールに触れられもせず。

しかも、日向くんのシュートに至っては反応すらできず。

 

と、PKも含めて、計21本のシュートを撃たれながら、止めたシュートは0本。

 

ピエールとナポレオンが先に止めたシュート6本を除いても、15本(うちPK5本)中0本セーブという不名誉な記録である。

 

さらにいえば、オフプレーでボールに触っているシーンも皆無である。

無論、ゴールキックのシーンもない。

 

というわけで、ノーゴールの分も含め、バンバンシュートを撃たれながら、1本も触れられなかったアモロが最弱キーパーといって差し支えないと思う。

 

次回からは、決勝西ドイツJr.ユース戦。

 

【キャプテン翼】石崎くんはサッカー日本代表にふさわしい実力か?検証91 全日本Jr.vs西ドイツJr.1 - カワズまんが研究所