カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【感想】小説「無限の王」(第2話)真藤順丈 「ギャング側の証人」安藤敬而 「JOJO magazine 2022 WINTER」より

2022年12月19日に発売の「JOJO magazine 2022 WINTER」に掲載された2本の小説「無限の王」と「ギャング側の証人」の内容紹介や感想などを記していく。

JOJO magazine 2022 WINTER【電子書籍】[ 荒木飛呂彦 ]

 

「無限の王」真藤順丈(34ページ)

 

1974年、南米ペルーが舞台。

JOJO magazine 2022 SPRING」に掲載された話の続きとなる。

リサリサの元、謎の能力を引き出す「弓と矢」を追うスピードワゴン財団のオクタビオホアキンが調査のため、組織に潜入を試みるのがストーリーの骨子。

 

オクタビオホアキン以外に、第2部でリサリサの召使であり、ジョセフたちの波紋の師匠でもあったメッシーナとロギンスの子孫も味方として登場。

彼らは波紋使いであり、「波紋使い」vs「スタンド使い」の戦闘が描かれる。

 

この話は今回で終わりではなく、さらに連載が続くようである。

オクタビオホアキンも「弓と矢」の矢に貫かれており、彼らのスタンド能力の目覚めが今後に描かれるものと予想される。

JOJO magazine 2022 SPRING【電子書籍】[ 荒木飛呂彦 ]

 

「ギャング側の証人」安藤敬而(19ページ)

 

第5部「黄金の風」にジョルノたちの敵として登場したスクアーロとティッツァーノが主人公。

 

法廷を舞台に、ギャング組織パッショーネの構成員と疑われる32名の被告を有罪にしようとする検察官を相手に取り、見習いの立場で弁護士側にいるティッツァーノと傍聴席にいるスクアーロが裁判をひっくり返そうとするストーリー。

 

有罪にしようとする検察側には有力な証人がいるが、ウソをつかせるティッツァーノのスタンド、トーキング・ヘッドと、スクアーロの水から水へ瞬間移動するサメ型のスタンド、クラッシュでどのように逆転するのか、というのが見どころ。

 

パッショーネ全体のボス以外に、スクアーロとティッツァーノには“リーダー”という上役がおり、そのリーダーの思惑がボスとは異なっているという設定が意外だった。

“舌を切り取る”という行為が、本編第5部のバトルを暗示させている。

 

 

安藤先生は、ジャンプ小説新人賞の特別賞を受賞しており、いくつかのノベライズを手掛けている。

今回の「JOJO magazine 2022 WINTER」で、他に見どころの企画は、

「続・荒木飛呂彦の漫画術」

 

2015年に発売された「荒木飛呂彦の漫画術」では語り切れなかった内容。

キャラクターの作り方、取り分け悪役(特にラスボス)について書かれている。

 

コラムでは、第2部~第8部の各部のラスボスについて荒木先生が語っている。

(第1部のディオについては上記の悪役の作り方で語っている)

 

各部のテーマに合わせたラスボスの設定になっていることが分かる。

 

荒木飛呂彦の漫画術【帯カラーイラスト付】【電子書籍】[ 荒木飛呂彦 ]

 

 

www.kawazumanga.com