カワズまんが研究所

マンガ読むだけで生きていきたい。

【銀河英雄伝説】忙しい人のためのストーリーまとめ Ⅱ野望篇 第八章 黄金樹は倒れた

 

www.kawazumanga.com

 

銀河英雄伝説」の自分用のあらすじの覚書。

野望篇の第八章。

 

第八章 黄金樹は倒れた

 

辺境を平定し、貴族連合軍の副盟主を倒したキルヒアイス、ラインハルトと再会。

  ↓

キルヒアイス、ヴェスターラントの二〇〇万人虐殺を黙認したことについて、ラインハルトに問いただす。

  ↓

ラインハルト

キルヒアイス

 お前はいったい、おれのなんだ?」

  ↓

キルヒアイス

「私は閣下の忠実な部下です、ローエングラム侯」

 

 

貴族連合軍のガイエスブルク要塞、周囲から孤立し、包囲された状態。

  ↓

フレーゲル男爵ら青年貴族の申し出により、ブラウンシュヴァイク公は出撃を決意。

  ↓

ブラウンシュヴァイク公の無謀な出撃の決定に、ファーレンハイト提督は反発。

  ↓

ファーレンハイト

「そもそも、公と小官とは、同志であって主従ではない」

  ↓

ファーレンハイトを残し出撃した貴族連合軍に対し、キルヒアイスの指揮する高速巡航艦隊が後方から逆襲。

  ↓

貴族連合軍の艦隊は壊滅状態。

  ↓

劣勢の貴族連合軍のフレーゲル男爵、戦艦での一騎討ちをラインハルト軍に持ちかけるが無視される。

  ↓

フレーゲル男爵は、執拗に戦おうとするが、参謀のシューマッハ大佐にいさめられる。

  ↓

フレーゲル、わめきながらブラスターを抜こうとして、部下たちに射殺される。

  ↓

シューマッハフェザーン自治領に身を隠すことにする。

  ↓

他の艦でも、貴族の上官が平民の部下に討たれる事態が次々に起こる。

 

 

貴族連合軍の実戦総司令官メルカッツ、自殺しようとするところを副官のシュナイダー少佐に止められる。

  ↓

メルカッツ、シュナイダーの勧めで長年の旧敵・自由惑星同盟に亡命することを決意、ヤンウェンリーを頼ることとする。

 

 

貴族連合軍の盟主・ブラウンシュヴァイク公、劣勢を悟り、アンスバッハ准将にラインハルトと講和できないか相談。

  ↓

アンスバッハ、ラインハルトはブラウンシュヴァイクを生かしておくはずがない、という事実を告げる。

  ↓

ブラウンシュヴァイク

「わかった。わしは死ぬ。

 だが、金髪の孺子が帝位を簒奪するのはたえられん。(中略)

 アンスバッハよ、なんとか、奴が簒奪するのを阻止してくれ」

  ↓

アンスバッハ

「わかりました。

 誓ってローエングラム侯を殺害してごらんにいれます」

  ↓

アンスバッハ、自決用に毒入りのワインを用意するが、ブラウンシュヴァイクは怖気づいてしまう。

  ↓

アンスバッハ、ブラウンシュヴァイクに力づくで毒入りワインを飲ませて殺害。

  ↓

アンスバッハ

「黄金樹(ゴールデンバウム)はこれで事実上たおれた。

 あとにくるのが、緑の森(グリューネワルト:ラインハルトの姉アンネローゼの称号)ということに、さて、なるかな」

  ↓

ガイエスブルク要塞、ミッターマイヤーとロイエンタールにより制圧され、貴族連合軍は壊滅。

 

銀河英雄伝説(2) 野望篇 (MAG Garden NOVELS) [ 田中芳樹 ]

 

 ラインハルトが、姉アンネローゼやヒルダからのビデオレターを再生するのに、

「カセットを機械にかけると」と表現されている。

 

千六〇〇年後の未来では「カセット」が使われているんだろうか?

 

もっとも何万光年も離れた距離で、なお敵軍に傍受される危険性を考えると、リアルタイムの通信ではなく、物理的な媒体を用いるべきなのかもしれない。

媒体はカセットで適切かは知らないけど。

 

 

あと、未来の軍事の常識で分からないのは、戦艦同士での一騎討ち。

 

世間知らずの貴族・フレーゲル男爵が、ムチャを言っているだけなのか、それとも宇宙戦艦を駆る武人の間では、名誉ある決闘法なんだろうか……?

銀河英雄伝説2 野望篇【電子書籍】[ 田中芳樹 ]

 

次回は、野望篇の第九章、「さらば、遠き日」。